(特別編)長崎ペンギン水族館[開館時速報版](01/04/22) – 4 –

やはり"ペもの"収集のメッカとなりそうなショップ。
財布の心配しなくても大丈夫ですよ。カードでの支払いもOKだから(笑)
SHOP
ショップの入口。
手前に無造作に置かれた棚は気にしないように。
ちなみに、入口に立つ紳士はU田大先生です。

続きを読む (特別編)長崎ペンギン水族館[開館時速報版](01/04/22) – 4 –

(特別編)長崎ペンギン水族館[開館時速報版](01/04/22) – 3 –

ペンギンに関するさまざまな資料が展示されています。
ペンギン初心者には「へぇ、ペンギンってこんな鳥なんだ!」という発見がいっぱい。
ディープなペンギンファンも納得させるほど、詳しく紹介されています。
ホイホの暮らし
キガシラペンギンの暮らし

続きを読む (特別編)長崎ペンギン水族館[開館時速報版](01/04/22) – 3 –

名古屋港水族館 -2-

「ペンギンコミュニケーション」

フーディングタイムには飼育員さんがペンギン水槽の中に入り、ペンギンたちに直接餌を与えます。土日の13時の回については、水槽前のお客さんの質問に答えながら給餌を行う、「ペンギンコミュニケーション」が実施されます。
飼育員さん
完全防寒装備の飼育員さんが入場し、餌を水槽にばらまき始めたらペンギンコミュニケーションの開始。

続きを読む 名古屋港水族館 -2-

名古屋港水族館

1999年10月18日は青柳昌宏氏の一周忌。そもそも青柳先生の著書がペンギンに"はまる"きっかけだったので、先生の業績を偲びつつ、先生が愛したアデリーペンギンを観ようと思いたち、その前日の日曜日に名古屋港水族館に出かけることにしました。
もう一つ理由が。職場の先輩が「遠いところのレポートはあるのに、なぜ地元のレポートがないの?」。うっ、確かに…….。名港水は何回も行っているけど写真撮ったことないなぁ….というこうとで、取材だ、取材だ。
外壁
外壁に描かれたマスコットのギンペー

続きを読む 名古屋港水族館

名古屋市東山動植物園

10/17はちょうど名古屋市内で「名古屋まつり」が行われており、その協賛として美術館や博物館など、名古屋市の施設の無料開放がありました。東山動物園も同様に無料で解放されていたので、名港水を観た後に本当に久しぶりにおじゃましてみました。遅めの昼食を取った後に入園したのが午後4時過ぎ。時間的にギリギリでした。

続きを読む 名古屋市東山動植物園