寺泊水族博物館

寺泊
正面。
中越地方のペンギンスポット。寺泊水族博物館です。

アクセス

公共交通機関は大変です。JR信越線長岡駅またはJR越後線寺泊駅から越後交通バスで寺泊大町または大野積行きで水族館前バス停下車。長岡駅からは約1時間、寺泊駅からは約10分。長岡駅発着のバスは急行で、長岡駅大手口12番のりばからが1~2時間に1本の間隔で運転しています。
鉄道駅としては寺泊駅が一番近い駅なのですが、大問題は越後線の本数が非常に少ないこと!昼間帯は3往復ぐらいしかありません。寺泊駅からのバスは越後線の列車に接続するようになっているため、心配ありませんが、時間帯によってはバスが寺泊駅前を経由せず、50mほど離れた寺泊農協前(徒歩2~3分ほど)を利用しなければなりません。
このほか東三条駅前からのバス(越後交通県央観光バス東三条-分水-寺泊線)も数本あるようです。本数としては越後線並で、水族館営業時間内に使えるバスは4往復程度。水族館前から徒歩10分ほど北に歩いた寺泊車庫前発着で、水族館前は経由しませんが、休日には時間帯によって水族館前を経由するバスもあるようです。所要時間は東三条駅から約1時間程度とのこと。
バスの時刻はJTBの大判時刻表や越後交通のサイト(以上長岡-寺泊線のみ)、メディア研究会「てらどまり」の「寺泊情報」内「てらどまり交通情報」で入手できます。
車では北陸自動車道中之島見附インターから約30分。

ペンギン

3階の屋外にマゼランペンギンが飼育されています。4羽確認できました。
案内板
ペンギン水槽へ通じる扉のアクリルの案内板
ペンギン水槽
ペンギン水槽全景
ペンギン
換羽中のため端の方でじっとしている2羽。
1羽は亜成長ですねぇ。
巣穴
巣穴の中にも2羽。
ペンギン
唯一換羽を終えたペンギン。
結構近くで見ることが出来ます。

イベント

ペンギンに関するイベントは未確認です。
ペンギン以外のイベントは、大水槽での餌付けショーと、テッポウウオのショーがあります。
餌付け
マリンガールの餌付けショー
テッポウウオ
テッポウウオのショー
射撃中だけど、暗くてわからな~い(汗)

ショップ

4階の展望室に売店があり、種類が少ないですが"ペもの"があります。
ここで購入するとペンギンシールを貼ってもらえます。
売店
展望室の売店
展望室から
展望室からはペンギンプールが一望できます。
あ、もちろん日本海も(笑)

感想

ペンギンの数は少ないですが、すぐ近くでみることができる穴場ですね。平日でしたが夏休み中だったのでそこそこ混んでいましたね。
ペンギン的には満足でしたが、もう少し、公共交通機関の便がよければ…というのは、水族館の責任ではないですねぇ。

おまけ

ウパ?
なつかしのウーパールーパー。
今の子供は知らないだろうなぁ(笑)
外壁
水族館外壁のペンギン。

「またのお越しをお待ちしております」
今度はいつこれるかなぁ(TT)
ちなみに、左隣の錆びた物体は、幕末に薩長連合に追われ寺泊港外で座礁・自沈した幕府の蒸気船、順動丸のシャフト。
(2002.8)