チリ大地震に関するペンギン保全募金が始まりました

2010年2月27日(現地時間)にチリで発生したM8.6の大地震は記憶に新しいことと思います。現地では大きな被害を受けていることがすでに報道されていますが、我々ペンギンフリークとしては現地に生息するフンボルトペンギンたちにどのような地震(特に津波)の影響受けているのかが気にかかるところでした。この時期はフンボルトペンギンの雛が巣立つ直前の時期だったので、津波が押し寄せたであろう繁殖地がどんな状態になっているのか、心配はつきません。しかし、現状では現地でもなかなかペンギンの被害状況確認のための活動が行えないという状況に陥っているようです。そこで、ペンギン会議が現在支援のための寄付を募っているとのことです。

「チリ大地震にともなうフンボルトペンギン保全活動支援募金」開始のお知らせ(ペンギン会議研究員 上田一生 Official Web Site)

皆さんのご協力お願いいたします。