講演会「もっとペンギンを知るための行動分析学」のお知らせ

日本行動分析学会の第24回年次大会実行委員会さまより公開講演のご案内をいただきました。

日本行動分析学会第24回年次大会では、日本動物心理学会、応用動物行動学会、ヒトと動物の関係学会との共催で、ペンギンに関する下記のような公開講演を開催いたします(参加費無料、事前申込不要)。

タイトル:「もっとペンギンを知るための行動分析学」
日時:2006年9月1日(金) 15:45-17:00
場所:関西学院大学上ヶ原キャンパスB号館
http://www.kwansei.ac.jp/top/n_map.html
講師:眞邉一近(まなべかずちか)日本大学院総合社会情報研究科教授 博士(心理学)
司会:中島 定彦(関西学院大学文学部助教授)
内容:講師の眞邉一近先生は、最近、横浜市の八景島シーパラダイスにて、オペラント条件づけの方法でケープペンギンの行動を明らかにする試みを始めておられます。眞邉先生の考案された実験装置でペンギンが生き生きと視覚弁別学習などに取り組むようすを、動画を用いて紹介いただきます。
参考サイト:http://atlantic.gssc.nihon-u.ac.jp/~manabe/PenguinMovie.htm
問合先:日本行動分析学会第24回年次大会実行委員会
Fax: 0798-52-7353