ペンギンはどこに住んでるの?

ペンギンといえば南極が思い浮かぶほど、ペンギンの生息地=南極という先入観を持たれることが多いですが、南極大陸には2種類しかいません。実際はもっと生息している範囲は広く、南米、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに繁殖地を持っています。赤道直下にはガラパゴスペンギンがいます。日本の動物園・水族館で一番多く飼育されてフンボルトペンギンは日本とほぼ同緯度の温帯出身なので、暑い夏でも屋外で飼育が可能です。その反面、冬は意外と苦手で、北海道のある水族館では冬季はペンギン飼育小屋でストーブを焚いていると言われるほどです。
ちなみに、ペンギンは北極にはいません。だから、シロクマ(ホッキョクグマ)とペンギンはいっしょに住んでいません。

distributionmap