イワトビペンギン3種の見分け方(暫定版)

昨年末Twitterのペンギンクラスターが騒然となる話題が流れました。国際鳥類学会議(IOC)のメンバーが2010年10月にIOC World Bird Namesの最新版を公開したのですが、それによるとなんとペンギンが19種となっていたのです。今までポピュラーになっていたペンギン18種説との違いは、

  • イワトビペンギンの3亜種をそれぞれ独立種(ニシイワトビペンギン、ヒガシイワトビペンギン、キタイワトビペンギン)として取り扱う。
  • ハネジロペンギンはコガタペンギンの亜種として取り扱う

ということです。コガタペンギンの亜種になってしまったハネジロペンギンについてはまた改めて論ずることとして、問題はいままで1種だったイワトビペンギンの3種類、簡単に区別できるのかなぁというのが我々ペンギン好きにとっての大問題となったわけでございます。

名書「ウィロー教授のペンギン学特論」と「ペンギン大百科」で記述されている区別の仕方を簡単にまとめると、

  • 冠羽が非常に長いのがキタイワトビペンギン
  • 冠羽が長めで、くちばしの付け根にピンクの皮膚が露出している部分があるのがヒガシイワトビペンギン
  • 冠羽が短いのがくちばしの付け根にピンクの皮膚が露出している部分がないのがニシイワトビペンギン

となっています。

百聞は一見にしかず。文字よりビジュアルで違いが解るものはないかということで、私ホイホが各地の動物園・水族館で撮影した莫大なペンギン画像ストック(死蔵とも言うw)をチェックしたところ、何とか3種の違いが説明できそうな写真がありましたのでご紹介します。実際に写真を見てください。 続きを読む イワトビペンギン3種の見分け方(暫定版)

これは親子のペンギンじゃありません!

gigazineさんがこんな記事アップしておられました。
動物園に雪が降って大興奮、跳ね回って喜ぶペンギンのムービー
そのなかでこんな記述が。

南極圏出身のペンギンにとっては雪など珍しくなさそうですが、動物園生まれのペンギンの場合事情は異なるようです。雪が降る動物園のオリの中でじっと静かにたたずむ大人ペンギンたちをよそに、ノンストップでぴょんぴょん跳ね回って大興奮する子ペンギンを撮影した愛らしい動画が人気を博しています。

いや、明らかに子ペンギンじゃないしw
動画自体は結構以前に目にしている記憶があるのですが…いや、明らかに種類違いますよ!

手前の飛び跳ねているペンギンは何かという話題、前日にすでにTwitter上で話題になっていました。

オイラの判定はイワトビペンギンです。

しかし、素人目では大きいペンギンと小さいペンギンが一緒にいれば親子になっちゃうんですかね?
葛西なんかでもコガタペンギンが子供のペンギンに間違えられているし

新春の夢はペンギン・ミメティック

あけましておめでとうございますです。今年こそはいろいろグダグダモードから脱却しとうございます。少なくともこのブログももう少し頻繁に書き込みたいと思う次第でございます。

さて、新年早々名古屋港水族館にペンギン詣して来まして(レポートとかはまた後日)、開館直後の誰もいないペンギン水槽前でペンギン萌え萌え状態でいろいろと妄想しておったのでございますが、”まっどさいえんてぃすと”を目指す私としては、自分自身の仕事でやっている研究に無理矢理こじつけて、ペンギンの研究ができない物かと妄想しておったわけでございますよ。で、「ペンギンよちよちウォーク」の会場でジェンツーペンギンの羽毛をゲットして、ペンギン羽根を見つめながら妄想がさらにふくらみ、流行のバイオミメティックとか何かの研究をしてですね、ペンギン模倣材料とか、そういうの、考えられないかと、妄想しておったのでございます。で、
例えば、

  • ペンギンの羽毛の構造をまねた防寒服(これはぜひ作ってみたい)
  • ペンギン尾脂腺から出る脂の構造に近い、自然に優しい撥水コーティング剤
  • ペンギン型癒し系ロボット、”PENGBO”(おいおい!)

なんてのは開発してみたいな~と妄想しまくりでございました。
時間と資金と機材を提供いただけば、研究しますぜ!
(って誰に呼びかけているんだか)

まあ、新春なのでこれぐらい大きな(?)夢を語ったところで、今年もよろしくお願いします。