れっさーぱんだ騒動

ペンギンの森の改訂作業も着々と進んでおります。今回は懸案の英語版の構築を考えていたり(これについてはまた改めて)、ペンギンアート展のサイトのリニューアルも手がけていたり、またもや収拾がつかなくなりつつあるのですが(困ったものだ)、本家日本語版については8割方できあがりの様相でして、あとは「生ペン調査団」と「ペンギン百科」を残すだけ。「ペンギン百科」は旧版のデータを新しい形式に移行しているのですが、残すは動物園・水族館関連の項目だけになっております。3年近くほったらかしにしてあったので、動物園や水族館の情報も大幅変更が必要になってます。小さいものではURLの変更やら、市町村合併による名称や所在地の変更、はたまた経営難で閉鎖されたところや、新たに開館したところとか、意外と作業が多いなあというところですね。
当然各動物園・水族館の公式サイトを順番にアクセスしてチェックをかけているところです。
そんな中、おなじみ旭山動物園のサイトをチェックに訪れたところ、副園長の「げんちゃん」さんが緊急提言をしておられました。
レッサーパンダを見せ物にするな!(旭山動物園・げんちゃんの日記)
この騒動のきっかけは報道各社に流れたこのネタですよね。
2本足で立つレッサーパンダの風太君 千葉動物公園(asahi.com)
その後あちこちの動物園のレッサーパンダが2本足で立つことができるだとか、はたまたTVCMのお声がかかっているだとか、
特にニュース・ワイドショー系の番組は大騒ぎしていますね。
確かにおかげで動物園に注目が集まるのはいいことかもしれませんが、本当に注目してほしいところはレッサーパンダが2本足で立つことじゃないはず。
レッサーパンダはどんな動物で、どういうところに住んでいて、どういう生活をしているのか。これを見てもらうのが本当のところですよね。
さすが、旭山動物園の副園長さんだけに、この発言は重みを感じます。
直立するのがそんなにもてはやされるのなら、ペンギンは最初から直立2足歩行なんだけどな…。

著作権…

いつも愛読しているITmediaの記事で、こんなものが。
文化庁サイトにMac OS Xのアイコンが?(ITmedia Japan)
文化庁「著作権契約書作成支援システム」というページにMacOS Xのテキストエディットに使われているアイコンが張り付いているとのこと。著作権保護を目的としたサービスで著作権無視のおそれがということで、問題視されているようです。
この著作権契約書作成支援システム、早速試してみましたが、中にはWeb上で公開している画像の二次利用時に交わす契約書とか、作品公募要項とかの文案を自動的に作成してくれるという優れもののシステムでした。ペンギンアート展でリリース文の文案作成を担当しているオイラとしては、「このシステム使ったバージョンに差し替えようかな」と思ったりしていたのでした。
すると、
文化庁、Webを削除 「事実関係を調査中」(ITmedia Japan)
文化庁、アイコン無断使用認める アップルに謝罪(ITmedia Japan)
あら、当分使えませんね。
まあ、悪意があってのことではないので、まわりもそんなに目くじらを立てなくてもって思うのですが、著作権の保護について広報してきた文化庁としては、あってはならない失態ですねぇ。
ホイホもいろいろ著作権については考えさせられます。そのきっかけは、やっぱり自分でこのサイトを立ち上げるようになってからでしょう。
「ペンギンの森」を立ち上げる前は、正直、著作権とか無頓着でした。
このサイトを立ち上げて、意外と反響が大きいことが判り、ちょくちょく「写真を使用させて欲しい」という問い合わせがあるようになったので、自分自身の「著作権」を守るということと、他の人の「著作権」を侵害することの内容にするということ、この2点は気をつけるようになりました。
最近は本業の方でも特許とか著作権とか、いわゆる知的財産が自分の仕事に大きく関わってきていたので、さらに注意するようになっています。
一昔前ならレンタルですませていたCDやビデオ、5年ぐらいまえからレンタルショップで借りなくなってしまいました。
(おかげで月々のCD購入費がとんでもないことに)
まあ、こちらは「返しに行くのが面倒くさい」という、ものぐさ太郎な一面が強くなっただけかもしれません。
で、最近、あるサイトで、「ペンギンの森」のペンギン画像、無断利用されていることが判明。
勝手に加工してそこのサイトのロゴをつけて配布されていました。
もちろん抗議して削除してもらいました。こちらも特に悪意があったわけではなかったようなので、これで決着ということにしましたが。
でも、やっぱり自分の身に降りかかると、ちょっと残念ですね。
どんな物で、作者が苦労して制作した作品なんですよね。
いろいろ考えさせられる出来事でございました。

映画「皇帝ペンギン」

やっぱペンギンフリークにとってこの夏、一番気になる映画はエピソード3でもなく火星人が襲来する映画でもなく、
うわさのペンギン映画「皇帝ペンギン」でございましょう。
ホイホ的には期待度150%ぐらいでございます。
公式サイトでは7月より全国ロードショーとなっていますが、
現在の情報では名古屋では7/23(土)よりゴールド劇場での上映となりそうです。
いろいろきゃんぺーんもやっているようで、東京や大阪の前売りでは携帯クリーナーがつくらしいです。名古屋でもあるかな?あるといいな。

なんばでぺんぎんといえば


先週の金曜日にペンギンアート展の打ち合わせのため大阪に行きました。翌日はなんば界隈をうろちょろ。なんばといえば戎橋筋の北極のアイスキャンディーですが、南海通にはお菓子バージョンのお店もあるんですね~。「お菓子のデパート・ほっきょく」。一応お店の中ものぞいてみましたが、普通の市販のお菓子が並んでいるだけで、ペンギン系のお菓子があるわけではありませんでした。

編集は大変です

サーバー移行作業中ですが、なかなかうまい具合に調整ができませんね。
ブログが急に文字化けしたり、いろいろ想定外の動きをしてくれるので、困ってしまいます。
早く新しい環境に移行して運用したいんだけどねぇ…って、皆さんにこのブログ読んで貰うのは移行がすんでからだから、「何言ってんだ!」と思われるかもしれませんね