ペンギンがタップダンスするアニメ映画「ハッピー フィート」

昨年後半ぐらいから、映画「皇帝ペンギン」のヒットに便乗してか、ペンギンが主人公のアニメがハリウッドで作られているとの情報が流れていたのです。で、この夏休み明けごろからいろんな筋から「ペンギンがタップダンスするアニメの予告編が映画館で流れていたよ!」との情報をいただいていたのですが、いつのまにやら、公式サイトができていました。その名も「ハッピー フィート」。来年の3月公開予定とのことです。
しかし、最近のハリウッドアニメは声優人が豪華ですな!
イライジャ・ウッド(「ディープ・インパクト」の少年が「ロード・オブ・ザ・リング」のフロドで帰ってきた時には少し驚きました)
ヒュー・ジャックマン(え~と、「ヴァン・ヘルシング」でしたね!)
ニコール・キッドマン(トム・クルーズの元嫁ですな)
ブリタニー・マーフィー(だ、誰?すみません、知りません)
ヒューゴ・ウィービング(「マトリックス」のエージェント・スミスでんがな!)
ロビン・ウィリアムス(ホイホ的には「パッチ・アダムス」がお気に入り)
ミリアム・マーゴリーズ(「ハリー・ポッター」シリーズのスプラウト先生)
なんじゃこのメンバーは!
ワーナーの情報によると、

「南極を舞台に、歌って踊れる皇帝ペンギンのコメディ・アドベンチャー」

なんだそうです。
さらに英語版公式によると、イライジャ・ウッドが主人公のマンブル。ヒュー・ジャックマンが父ペンギンのメンフィス(エルビスって情報が流れていたのですが、許可が下りなかったらしいですね)。ニコール・キッドマンが母ペンギンのノーマ・ジーン。ブリタニー・マーフィーがマンブルの相手役(?)のグロリア。ロビン・ウィリアムスはアデリーペンギンのラモーンとイワトビペンギンのラブレースの2役。ヒューゴ・ウィービングがペンギン長老ノア爺さん。ミリアム・マーゴリーズはマンブルの唄の先生スプラウト先生、ではなく、ミセス・アストラカン。
南極なのになぜイワトビペンギンが登場するのか?謎は深まるばかりですが、結構いい感じのペンギンに仕上がっているようです。