日本映画専門チャンネルはドラゴンズ優勝の夢を見たか?

タイガースファンは日本シリーズで昨日は濃霧、今日は悪夢:[]を見ておられるようですが、
ホイホも昨夜本当に悪夢を観ました。悪夢のような体験ではなく、実際の悪夢で飛び起きました。まあ、この悪夢の話は野球ネタじゃないので次のエントリーで書くとして、ホイホは第2戦の後、懐かしい野球映画が放送されていたので、スカパー!の日本映画専門チャンネルでそちらを観ました。
「ミスター・ベースボール」
そうです、トム・セレック主演の野球映画。舞台はナゴヤ。トム・セレックはドラゴンズの助っ人外国人選手ジャックの役です。ドラゴンズの監督は高倉健!健さん渋すぎ!
しかし、日本シリーズが戦われるタイミングで「ミスター・ベースボール」を選ぶとは!日本映画専門チャンネルの編成担当は阪神ではなく中日が優勝すると思っていたんでしょうか?もっとも、阪神タイガースを取り上げた映画って、思いつかないしなぁ……。
しかし、改めてみると何もかも皆懐かしい映像!なにせ1992年の作品ですよ。懐かしのナゴヤ球場がいい味出しています。健さん演じる内山監督は明らかに星野監督がモデルだし、いや~あの頃はよかった!(しみじみ)
健さんが演じると星野監督テイストじゃなくって、「ブラック・レイン」松本警部補テイストなんですよねぇ。そこがまたいいんですけど。
今こんな野球映画を作るなら、当然舞台は大阪ですよねぇ。「ブラック・レイン」のジメジメした「ブレードランナー」と見間違うような大阪ではなく、カラッとした大阪が舞台ですね。岡田監督役はだれがいいだろう?なかなか思いつかないですねぇ……このへんの人選はタイガースファンの方におまかせしませう:mrgreen:主役の外国人選手役はチャーリー・シーンに薬物から更生してもらってから元インディアンズの投手という設定で登場してもらいましょうか?あ、これじゃあ「メジャーリーグ」じゃん!じゃあ舞台は仙台で楽天イーグルスの方がいいのかな:mrgreen:いかんいかん、ちと危ないネタになってしまった:ase:

ところで、この映画、ジャックと共にドラゴンズで活躍する第2の外国人選手マックス役の役者さん、最近見たことあるなぁって思っていたんですが、番組最後に軽部”男おばさん”真一アナの解説を聞いて納得。そう、「24」のシーズン1で大統領候補でシーズン2では大統領になったデビット・パーマを演じている人じゃないですか!ビックリです。

「ミスター・ベースボール」って、DVDになっていないんですねぇ……

「日本映画専門チャンネルはドラゴンズ優勝の夢を見たか?」への1件のフィードバック

  1. あるよ~!阪神の映画!
    ミスターのセガレが主演した「ミスタールーキー」って愚作が。
    この映画って、新人ながら先発で投げた能見投手が、偶然にも今と同じ背番号背負って出てるんだよね。
    それはそうと、岡田監督役?
    それってトラックバックの振り?あしたも更新しますね...ふっふっふ。

コメントは停止中です。