【速報】東山動物園の年間定期券が格安になるかも!

ナゴヤローカルの報道各社が、名古屋市が公共施設の料金改訂の条例案を、9/29日開会の市議会9月定例議会に提出すると報じています。これによると、65歳以上が無料だった料金を有料にするほか、少子化対策として科学館など10施設で小中学生の入場料を無料にするなどの改訂を行うとのことです。「ぺんなごや」的に注目したいのは東山動物園の年間定期券。12,000円が2,000円に改訂されるとのこと!リピーターを増やすことが目的とのこと。今後の動向に注目したいですね!

「皇帝ペンギン」、まだまだ続きます

日本国内はもちろんのこと、アメリカでも大好評の映画「皇帝ペンギン」。夏休みも終わり、名古屋周辺でも多くの映画館では上映が終わりました。岐南のシネマジャングル(経営者が変わったので今後の動向が注意)名古屋のゴールド劇場(9/22まで)の上映のみとなりましたが、まだまだ上映されます。
名古屋今池のキノシタホールで10/8~10/28の3週間上映。キノシタホールは玄人好みの映画をセレクトして上映することでナゴヤの映画通には有名な映画館。さすが!ですね。
キノシタホール(Yahoo!ムービー)
キノシタホール(非公式)
ナゴヤからは少し離れますが、津の大門シネマも10/1~10/14までの2週間上映。こちらは日本語版と吹き替え版の両方を毎日1回ずつ上映します。見逃した方はこの機会にぜひ!

愛・地球博のペンギン

会期も残りわずかとなった愛・地球博ですが、「ぺんなごや」的にはやっぱ会場内のペンギンの有無を確認して報告せねばということで、未消化の夏休みを使って万博会場に行ってきました。
ホイホが事前入手した情報では日立グループ館でケープペンギンが希少動物として紹介されているようです。しかし、超人気の企業パビリオンなので入館整理券を入手するのも非常に困難。読売の特集記事に記載があるのであえて有無を確認する必要もないでしょうし、単純にペンギンが生息している国のパビリオンなら楽に入ってペンギンの有無を確認できるでしょうということで、次のパビリオンを観てまいりました。

  • オーストラリア館
  • ニュージーランド館
  • 南アフリカ館
  • アルゼンチン館
  • アンデス共同館

続きを読む 愛・地球博のペンギン

ペンギンなペットシッター

ペットシッターってご存じですか?
飼い主が旅行などで留守にする時などに飼い主に代わってペットの世話をする人です。
ペットホテルはペットを預けるのですが、ペットシッターは自宅まで出向いて世話をしてくれます。
簡単に言えば、ベビーシッターのペット版ですね。
我々ペンギン仲間のHARUNAさんが名古屋でペットシッターをはじめました。
ペットシッター・ジェントリー
サイト表紙のジェンツーペンギンは以前ペンギンアート展にも出展いただいた瓜坊さんの作だそうです。
HARUNAさんとはホイホが幹事を務めた伝説(多分 ?:)の名古屋ペンギンオフ会、”うみゃーもんつあー”以来のおつきあいですね。また来年フォークランド諸島までペンギンや海獣などを見に行くのだとか。フォークランドですか~うらやまし~(いろんな意味で)
これからのご発展を期待します。:grin:

鳥羽まちなみ水族館

キッズは夏休みに突入しましたね。大人のホイホさんとしてはとてもうらやましい限りです。
さて、夏休みにあわせて鳥羽でこんなイベントが。
鳥羽まちなみ水族館
期間は7月18日~8月31日。鳥羽駅周辺とありますが、メインは鳥羽駅から山側にある市街地になるようですね。
商店街の活性化も兼ねて行われる市民中心の取り組みのようです。流木と紙粘土のアートが展示されているとのことで、
ペンギンの作品もあるようです。手作り体験もあるとのことで、夏休みの自由研究とかに最適かもしれません。
オープニングの18日には鳥羽水族館のペンギンも駆けつけたようです。
詳しくは鳥羽まちなみ水族館のサイトで。
鳥羽は何回か行っていますが、鳥羽駅から水族館にかけての国道42号沿いばかりであまり市街には入ったことはないなぁ。
時間があったらペンギンアート展の宣伝も兼ねて行ってみたいですね。:razz:

NADiff愛知のペンギンポストカード

*can not create thumbnail
三軌会東海展に妹の義姉が出展しているので、5日に愛知県美術館愛知芸術文化センター)に行ってきました。帰りに芸文センターのB2Fにあるナディッフ愛知でペンギンのポストカードを発掘しました。
“Yayoi Fujiwara”とあります。こちらによると藤原弥生さんという作家さんみたいですね。
おそらく名古屋ではナディッフ愛知しか扱っていないのでは?

劇場で

*can not create thumbnail
「皇帝ペンギン」のチラシが各劇場で配布されているそうです。中には名古屋港水族館監修の記事もあります。
写真のチラシはホイホとは別のセンターに勤務しているM先輩から提供を受けました。M先輩ありがとうございましたm(__)m

のんほいパーク行きバスが一部廃止

三河のペンギンスポット豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)ですが、豊橋鉄道が運行する豊橋駅-のんほいパーク間のバス路線、藤並動物園線と大池動物園線の2系統あったのですが、大池動物園線が6/19で廃止となったそうです。これにより、豊橋駅-のんほいパーク間のバスは藤並動物園線の平日4往復、休日5往復での運行のみとなりました。豊橋鉄道の公式サイトではアナウンス無しですが、時刻表は藤並動物園線のみとなってしまっています。
大池動物園線は春休み、GW、夏休み、冬休みの開園日と土日のみ運転だったので、あまり大きな影響はなさそうですが、ノンストップ運行の急行バスが結構便利でした。5年前(もうそんな昔かぁ!)、ホイホが企画した名古屋オフ会「うみゃつあ」での往復もこの路線のバスでしたねぇ…。
イベントがある日は急行バスを臨時運行してくれないかな>豊橋鉄道さん