知られざる日本画のペンギン作品

ペンギンアート展の準備(といってもホイホの担当は公式サイトのメンテが中心ですが)に大わらわ。で、すっかりペンギンアートモードなんですが、ペンギンフリークにもあまり知られていないペンギンアートのミニ情報を。
2006年9月5日から岐阜県美術館で「生誕120年前田青邨展」という作品展が開かれています。
前田青邨(まえだせいそん:1885-1977)は、歴史画を中心に、人物画、花鳥画、静物画など様々なモチーフを描いた岐阜県を代表する日本画家で、高松塚古墳壁画模写の総監修なども勤めていました。生誕地の中津川市には青邨記念館という施設もあります。
で、この作品展の出品目録
に「ペンギン」という作品が!
ということで、行って参りました、岐阜県美術館。
*can not create thumbnail
展示の後半にありました。73.0×82.0cmの大きなペンギンの作品が!
青邨晩年(昭和41年)の作品で、第1回神奈川県美術展に出展されたものだそうです。
解説によると、

ペンギンの写生においては、動物園だけではもの足らず、南極観測隊員の資料まで借用に及んだという。

気合い入っているなぁ(笑)
当然館内は撮影禁止でしたが、ミュージアムショップでポストカードが販売されていたので、大人買いしてきました。
*can not create thumbnail
ペンギンをモチーフにした日本画の作品はおそらく唯一のものでしょう。個人蔵のとのことなのでこの機会を逃すとなかなか観ることはできないかもしれません。

続きを読む 知られざる日本画のペンギン作品